ハーフトイズができるまで

工程 1下描き

下描きは、まず骨組みから描き始めます。動物をシンプルに表現し、特徴を出すためには外せない過程です。

工程 2模型

次に、模型作りをします。
研究と模型の調整を繰り返すことで、納得のいく形を作っていきます。 この段階で大切なのは、ハーフトイズを知育おもちゃとして作っていくこと。子どもたちが手を動かす能力を鍛えられるよう何度も研究を重ねます。

工程 3生産

高品質でお求めやすい価格を保つために、ハーフトイズでは各生産工程を厳格に管理しています。
デザインコンセプトを保ちながら、最適な生産プランで不必要な要素を減らして、価格の合理性を保っています。

工程 4完成品

こうしてハーフトイズはみなさんの元に届けられる形になるのです。 ハーフトイズは形にとらわれない、自由な遊び方を推奨しています。 また、おもちゃ本体だけでなく、パッケージにまでこだわりがたくさん詰まっています。きっと手に取るみなさまに感動を与えられる商品となっていることでしょう。